最近の読書

前回書いたのが1月20日。間が開きすぎる。

 

せめて1週間に1度くらいは書くといいのだが、無精な上に、寒くて、夕食の後はのんびりして、それから風呂に入って蒲団に入って ・・・ という有様で、ましてこれといって書くほどのこともないのだから、ついつい遠のいてしまう。

 

前回、沢木耕太郎の 『檀』 に言及したかもしれないが、あれは無事に (?) 読了。いやぁ、買った本だと、返却期限を気にしなくていいので、余裕をもって読める気がする (ま、Book-Off で¥110 で入手した本なので、読まねばならぬ、という意気込みはなかったのだが)。

 

それはもう読み終えて何日も経ってしまったので、改めて書く意欲がわかない。とはいえ、印象的な作品ではあった。檀一雄の 『火宅の人』 などの代表作は読んだことはないが、読んだことがあるのは、もっと通俗的というか、『夕日と拳銃』 という作品だけ。満州馬賊の出てくる作品で、それなりに楽しんで読んだ記憶があるが、もう何十年も前のことだ。

 

沢木耕太郎の 『檀』 は、小説ではない。作りものではないのだ。ただし、作りが変わっている。沢木耕太郎は1年間にわたって、毎週、檀一雄の未亡人である檀よそ子さんんにインタビューを行い、檀ヨソ子さんが語るという形にしたのだ。想像するに、檀よそ子さんが、書かれているような形で語ったとは限らないと思う。あれやこれやと話した内容を、沢木耕太郎が時系列にまとめて、あたかも檀よそ子さんが語っているそのままであるかのような形にしたのだろう。

 

作者というものがいるとすれば沢木耕太郎なのだが、その内容を提供したのは檀よそ子さん。しかも、文体的にも構成的にも、沢木耕太郎のものなのだ。

 

檀その子さんの談話が、沢木耕太郎という媒体を通して語り直されたというようなもの。

 

作家の未亡人の回想記だと、印象深いのが坂口安吾の夫人だった坂口三千代さんの 『クラクラ日記』 (ちくま文庫、1989) を思い出す。あれは三千代さんが書いたものだった。

 

それとは違って、本人が書いたわけではないのだけれど、本人が語る形で書かれたもので印象に残っているのが佐賀純一という人の著した 『浅草博徒一代』 (ちくま文庫、1993)。これも Book-Off で購入した本 (¥108)。

 

『浅草博徒一代』 は、ある博徒 (伊地知栄治) のもとに往診で通った医師が、その時々に語られる話を録音しておいて、それらを文字化し、時系列に並べなおし、かつ当人の語り口も髣髴とさせるように書いたもので、労作と呼んでも差し支えないものに思われる。

 

ちなみに 『クラクラ日記』 も Book-Off で入手したものだが、なぜだか知らないが¥473 もした (それだけの価値はあるとは思うけれど)。

 

 

まあ、そんなところなのだが、現在読みつつあるのはガラリと変わってジェイソン・コーゾル 『ドル大暴落の日』 (講談社文庫、1992) である。

 

エンタメ系の小説といえるが、日本人や日本の企業が登場するし、名前を変えてあっても想像がつく人物が登場したりもする。エンタメ経済小説といってもいいかもしれないが、それなりにまともな設定になってたりするとことが興味深い。ただ、サービスからかロマンスの要素も入っているのが、私には余計なことに感じられる。

 

この本は、去年、市の図書館に行った時に、「自由にお持ち帰りください」 みたいな表示のあるワゴンの中にあった本。つまり、無料で入手した本である。少し古いかもしれないが、所蔵しておけば読む人がいるかもしれないと思えるのに、なぜ放出したのかは分からない。

 

そんなことで入手したのだとしても、せっかく入手したからには読まないのは申し訳ないわけで、毎晩寝床の中で、少しづつ読み進んでいる。これも、返却する必要がないので、気が楽で、マイペースで読んでいる。

 

読書体力

去年の末に図書館から借りてきた3冊のうち、読み終えたのは1冊だけ。

 

何とか読み通したいと思った 『島崎藤村短篇集』 も、途中までになった。

 

今は便利なもので、ネットで延長手続きが出来るのだが、それが出来るのは1回だけに限られている (そりゃ、いつまでも続けられてはかなわんだろう)。

 

今は、何も借りていない。少し休止期間を置くつもりでいるからだ。

 

代りに、去年 Book-/Off で買っていた沢木耕太郎の 『檀』(新潮文庫、2011)を読んでいる (とはいえ、毎晩、寝る前に寝床の中でちょっとづつ読んでいる程度ではあるけれど)。

 

このくらいの厚さの文庫本なら、一気に読み上げてしまえるだろうと思っていたのに、案外と進み具合が遅い。

 

数ページも読むと眠りモードに陥ってしまうということもあるが、昔だったらもっと読めたような気もする。

 

とにかく通読しさえすればいいという姿勢の読み方から、内容を噛みしめながら読むという方にシフトしたということもあるのかもしれないと思う。

 

これを、"読書体力の低下" と断じてしまうのは酷かもしれない。

 

モノによっては、通読することを重視した読み方もするだろうからだ。

 

子女の変節

森まゆみ『にんにちは一葉さん』(NHKライブラリー、2004)は読み終えている。

 

よって、もう1冊の方、『島崎藤村短篇集』(岩波文庫、2022)の方を読み進めてはいるのだが、返却期日までに読み終えるのは無理だ。

 

延長できたら延長するし、ダメなら返却するしかない。

 

ところで、樋口一葉島崎藤村とは、生まれた年が同じなのである。

 

意図的に、そういう組み合わせになるようにしたわけではばい。

 

偶然だ。

 

一葉の「たけくらべ」の主人公ともいうべきは美登利といえるのかもしれない (ただし、私が通読したことのある一葉作品は「にごりえ」と「十三夜」くらいなもので、有名な「たけくらべ」は未読である)。

 

その美登利は、闊達な女の子であったのに、ある時を境に、別人のようになるようだ。

 

森みどりさんの本を読んでいて、そのことを知ったのだが、ふと、最近読んだばかりのカリン・フォッスム『湖のほとりで』の被害者の娘のことを思い出した。

 

こちらも、ある時から別人のような感じになる。

 

両者は年齢が違う(美登利は初潮を迎えるくらいな年ごろだが、『湖のほとりで』の被害者の娘は何歳だったか思い出せないが、16、7歳くらいだったかもしれないし、それに処女ではなかった)。

 

若い女とは限らず、女性というのは、突然変わることもあるような気がする。

 

一葉と藤村が同じ年に生まれた作家にかかわる本を、たまたま借りてきたのも不思議な偶然だが、小説の中の人物に、どこか共通するものがあるようなのも、これもたまたまであるが、暗合というものはあるものだ。

 

タイトル

ブログというのは、何かタイトルをつけなければならないみたいで、そうすると、雑記みたいなものを書きにくい。

 

タイトルを付けるような、そんな大した内容があるわけでもない場合、つい手控えてしまう。

 

所詮は、何かの検索でたまたまヒットしたという人くらいしか読まないであろうこのブログなんぞ、エラそうにタイトルを付けて書く必要があるのか。

 

もっと気軽に、自分のメモのつもりで書いた方がいいのかも。

 

 

もう10日以上前のことだが、カリン・フォッスム 『湖のほとりで』(成川裕子・訳、PHP文芸文庫、2011) は読み終えている。

 

殺人犯が判明しても、その犯人が凶悪犯であるとは思えない。

 

解説者はさすがに目の付け所が違うというべきか、あの小説が 家族 という関係を意識して書かれたものだということを書いていた。

 

なるほど、である。そういう側面も織り込んであるミステリ小説。

 

それと、ほんのささいな場面でしかないが、何か所か、食事の場面がある。北欧の人の食事は、あんなに簡素なものなのだろうか。

 

本当は、食事に関する場面について、メモでもとっておいたらよかったかな、と読後に思った。

 

 

今は、森まゆみさんの 『こんにちは一葉さん』(NHKライブラリー、2004) を、寝る前に寝床で読んでる。これはいい本だ。

 

それと並行して、『島崎藤村短篇集』(岩波文庫、2022)も読んではいるのだが、まずは森まゆみさんの本を読んで、それに疲れたら交換して読むということにしてるので、初めの 「津軽海峡」 を読んで、次の 「並木」 の初めの方を読んだ程度。

 

実は、ネスボの 『真夜中の太陽』(ハヤカワ・ミステリ、2018)も図書館から借りてきてはいるのだが、こちらまで読めるかどうか。

 

それら3冊を、年末に読めみ終えられなければ、来年にまたがって読むことになる可能性もある。

 

『湖のほとりで』

トマス・エンゲル 『瘢痕』 に続いて、やはりノルウエーの、カリン・フォッスムという人の 『湖のほとりで』 (PHP文芸文庫、2011) を読んでいる。

 

これも 「北欧ミステリー」 だ。

 

返却日までに読み終えることは無理と判断して、早めにネットで延長手続きをしておいた (文庫本とはいえ、500ページはあるから、なかなかだ)。

 

ここに内容は書かないが、これも読ませる作品になっているので、毎晩、寝床の中で読み続けている。

 

 

 

 

トマス・エンゲル 『瘢痕』 に続いて、やはりノルウエーの、カリン・フォッスムという人の 『湖のほとりで』 (PHP文芸文庫、2011) を読んでいる。

 

これも 「北欧ミステリー」 だ。

 

返却日までに読み終えることは無理と判断して、早めにネットで延長手続きをしておいた。

 

ここに内容は書かないが、これも読ませる作品になっているので、毎晩、寝床の中で読み続けている。

 

 

 

 

マザーとチャイルド

意図したものではなかろうけれど、The mother's book という書物を書いたのが Lydia Marie Child という人であるのは面白い。内容は知らないが、子ども (child) という人の書いた 母親 (mother) についての本、というか、子を持った女性のための本、といったものではなかろうかと想像する。

 

そのチャイルド女史 (1802-1880) は米国の作家で、同時に奴隷制度に反対する立場からの運動も行った人であるらしい。

 

The mother's book の本文は Gutenberg の ココ にアップされている。