2019-11-19から1日間の記事一覧

古書店主の逆襲

しばらく前に門井慶喜 『定価のない本』 (東京創元社、2019) を読んだ。 まぁ、面白くはあった。 ただ、プロローグやエピローグは余計。本体だけでいい。 それと、蘊蓄がやや鼻につく。 エンタテインメントとして書かれたものなら、蘊蓄はもっと抑えるべき…