2019-11-08から1日間の記事一覧

分ち書き的改行の多用

門井慶喜 『定価のない本』 (東京創元社、2019) を読み始めた。 作者の名が 「慶喜」 なんて、ちょいとフザケてる気がしないでもない。 それは、まあ、どうでもいいことかもしれない。内容が面白ければいいのだ。 ただ、この小説の書き方が少し気になった…